1. 1.アドバンテージを教えてください。

    豊富な開発経験を持つチーム,AAAゲームのスタンダード。
    我々のチームは豊富なゲーム専用機の開発経験を持っており、多くのAAAゲームタイトルも開発したことがあります。チームメンバーは殆ど元ubisoftの従業員であり、代表作はRayman3GC、Splinter Cell PS2、Ghost Recon PS2、Rayman Arena PS2などがあります。

    デザイナー
    私達は中国においてトップといえるアーチストが在籍しております。彼らは全員アート専攻を卒業し、高い美術センスを擁しており、low polygon環境下のモデリングに関して実績があります。制限つきの環境の中でハイクオリティのキャラクターとバックグランドモデルを作り出せます。

    プログラマー
    私達のプログラマーは会社設立前、全員チームリーダーを経験しております。彼らは最低でも5年以上のゲーム開発経験を持っており、現在の主なコンソールゲーム機でのゲーム開発に関し、熟知しております。Ubisoftにいた際は、Rayman Arena PS2、Rayman3GC、Ghost Recon PS2等のプロジェクトにおいてチーフプログラマーを務めておりました。

    プロジェクト管理
    委託製作の中において重要なこととしてはプロジェクト管理があります。
    特にコミュニケーションや開発進行のコントロールは一番重要であると考えております。私達のプロジェクトマネージャーは豊富なゲームプロジェクト開発経験を持っており、チームをリードし、多くのスケジュールが厳しいプロジェクト及び外国メーカーと協力のプロジェクトを成功に導いた経験があります。

    安い開発費用
    ゲーム開発会社にとりまして、内製との違いは、委託ゲームプロジェクト製作を利用することにより、コストを抑えることが出来ます。北米と比較しましても、私どもはサービスを1/3 あるいは1/4のコストでサービスを提供できます。

  2. 2.顧客はどのようにしアウトソースプロジェクトの進度をコントロールして、規定時間内にプロジェクトを完成させますか。

    ① 詳細な計画
    我々はプロジェクトを正式に始める前に顧客と詳細のコミュニケーション、検討を行い、そして我々は詳細な実行計画と時間表の見積もりを立て、多くの短い締め切りを設け、それを通し、顧客にいつでもプロジェクトの進度が把握できるような体制を実現致します。顧客のリクエストにも応えます。

    ② 締め切りのチェック
    開発中、短期の締め切りに達するごとに、我々は正式に顧客に報告し、これまでのプロジェクトの進行状況と状態をお知らせ致します。顧客はプロジェクト進行状況に対して明確に把握できるようになります。また顧客からのフィードバックも頂き、開発進行をよりよい方向に進めていきます。

    ③ ドキュメントによる報告
    プロジェクトにおいて段階ごとに我々は詳細なドキュメントを作成、報告し、重要なデータをバックアップします。顧客はいつでもドキュメントを調べられ、プロジェクト全体の進行状況を把握できます。

    ④ 他にも
    顧客はいつでもemailまた電話の形で弊社と連絡を取り、プロジェクトの進行状況をチェックできます。我々は顧客のあらゆるリクエスト、ご質問にお答えします。

  3. 3.クオリティ管理について

    我どものクオリティコントロールの方法は経験に基づくモデルを採用しております。

    計画とコントロール:
    プロジェクトは詳細で精確な計画に基づき実施します。開始の段階で計画と時間表を作成し、顧客の承認を頂きます。プロジェクトマネージャーと各部門のマネージャーがプロジェクト計画の執行を監督します。

    交流とコミュニケーション:
    お互いの交流はプロジェクトにとって最も重要なことです。顧客の信頼度を高め、顧客から出された問題にすぐに対応できるように

    我々は以下のサービスを提供致します:
    ・顧客のリクエストに応じて日/週ごとのEmail報告を実行します。
    ・プロジェクト進行状況をレポート致します。
    ・顧客のリクエストに応じ、弊社のマネージャーまた代表取締役とオンラインミーティングを行います
    ・検査ポイントを確立致します。

    ドキュメント:
    プロジェクトの過程において、我々は全ての開発フロー、設計及び実施方案に関して詳細なレポートを致します。全てのドキュメントは顧客の承認を頂くようにし、完全な信頼関係を気づく努力を致します。

    我々はクオリティがチームメンバーの責任であることを十分認識し、精一杯自分の力を生かして顧客の為に一流のクオリティ、創造性のある製品を作り出すよう、努力致します。

  4. 4.開発フローは

    ゲームデサイン
    新しいゲームソフトを開発する場合、企画・音楽・映像・プログラミングなど、それぞれの分野のスペシャリストを集めたプロジェクトチームを編成。自由な意見をぶつけあい、互いに刺激しあってプランを煮詰めていきます。時には小説家や作曲家、俳優といった外部ブレーンを企画段階から加えるなど、他には真似の出来ない新しい企画作成に力を注ぎます。

    シナリオライテイング
    ゲームの方向性が決定すると、シナリオライターの手によって、さらに細かなストーリーへとブレイクダウンされていきます。伏線を効果的に使ったり、人物の性格をセリフ巧みに表現したり、ストーリー展開に意外性を加えたりします。最新の小説や映画、音楽に触れトレンドを探る飽くなき追求心によって、シナリオづくりのヒントが生まれます。

    グラフィックデサイン
    シナリオとほぼ平行して、コンセプトアート、アニメーションもつくりあげられていきます。平面でしかなかったキャラクターが、しだいに立体的に、現実的に姿を現していくプロセスでは、言いようのない感動に身を震わせることもあります。家庭用ゲーム機の大容量化が進むなか、ポリゴン処理をはじめとする3DCGの処理技術を駆使し、よりリアルな映像表現を追求していきます。

    サウンドクリエイト
    ゲームの演出効果におけるサウンドの役割が重要だということが言われはじめて久しく、ゲームを取り巻く環境においてますますその重要性がクローズアップされています。DVDの普及により、サウンドもステレオ(2D)からサラウンド(3D)の時代となりつつあります。一方、携帯ゲーム機や携帯電話機などのローエンドの機器も台頭しており、その中でもサウンド再生能力の制約を極限まで使い切ったより良いサウンド表現が必要になっています。

    プログラミング
    スキルを駆使し、スタッフがつくりあげた個々のメディアを1つにまとめあげるのがプログラマーの役割です。外部との打ち合わせの繁雑さや交渉時のトラブルを解消し、効率的な作業を実現する必要があります。